今日は家の裏山で14㎏背負って山登り!

裏の尾根筋登って反対側に降りてまた登って隣の尾根に降りてくるルート。

途中まではワラビ採りで登ってるけど尾根回りは2年ぶり。
それではレッツゴー

まずはすぐ裏のこんな所からスタート
この時期だから緑が凄い


春先と違って下草も激しくて登りづらい


登り初めて15分でワラビ採りで来るとこまで登ってきました
時期外れですけど、中には立派なワラビもありました

ちなみに、ここから僕の母校と第2東名のパーキングが見えます


ここから5分ほど登ると、下草もなくなり植林帯の尾根に出ます。
う~ん歩きやすい


植林帯に入って、しばらく歩いてたら
なんとキノコ発見


このキノコ富士山でも良く見かけたやつで確か食用はできないやつだった気が…
名前が思い出せない

「秋に登ったら食用できる物もあるかも」なんて思ってたら
尾根道の木の根元に親指程の大きさの大スズメバチが

そのまま木の根本の穴に入って行きました!


完全に巣、作ってますね
2年くらい前、秋に山歩いていて、足を置いた2メートル先の地面から2匹スズメバチが出てきて空中でホバリングしてから自分に向かって来たことがあるんです
その時は空身だったんで斜面を転げ落ちるようにかけ降りて無事でしたが、今回のように荷物背負ってたら、まずアウトですね。

今のうちに壊したほうが良いかも。
ただ、大スズメはさすがに怖い。
どうしたものか

まーとりあえず先に進みましょう。



まだまだ歩きやすいですねー♪
しばらく歩いたところで植林帯は終了。



この先は山の反対側の農道の上の茶畑に出るんですが2年前とは別世界になっていました


茶畑の手入れしてた方が辞められたんですね
荒放題です。
でも、予定通り農道に出るためにハードな藪かきです。


足元が全く見えない状態で猪が掘った穴があって、たまに落ちるんですが、これがかなりのダメージですね
それでも農道の終点に降りました。


人の手入れが無いと2年でこんな状態になってしまうんですねー
前は、野イチゴ沢山あったんですがほとんどありませんでした。
こっちが野イチゴ


こっちは蛇イチゴ


う~んアングルが悪くて、わかりづらいですね
このまま農道を下ったところで休憩。


ここから来た道を引き返します。
荒れた茶畑を過ぎたところで、ふと上を見たらまだ上に行けそうでした。


ここから200メートル位上がった山頂に、
東西南北の柱があるらしいので、行ってみようかと思いましたが、草と木の枝で進むのが困難になったので断念
次来るときは鉈装備で来たほうがいいですね。


帰りは荒れた茶畑を過ぎたところで隣の尾根筋に入ります。
こっちは下の方まで植林帯なので下草が無く歩きやすい。


途中でタラの芽の群生場所がありました


来年の春に来てみましょう

後は、このまま下って終了です。

ただ、下で隣の家の方が田植えしてて、山から大荷物背負った僕が降りてきてビックリされてました
「こんな所でなにやってんの?」
って感じでしょうね
正直僕も恥ずかしかったです

往復2時間弱、身体も痛くなく、荷物の重さもそれほど感じず登れました。

後2回ぐらい登って身体ならして来月に備えたいですね。


ブログランキング参加中
にほんブログ村 アウトドアブログへ←ポチっとお願いします。




2014.05.25 / Top↑
今日は御前崎まで所用で行かなければ
ならなかったので、朝一、ちょっと足を伸ばして遠州のサーフにヒラメを狙いに
ちょうどマヅメのいい時間に到着です。


早速ウェイダー履いて突撃です
最初は普通にシンキングミノーで
探って行きますが、反応全くなし
その後フローティングに変えるも反応なし
だんだん明るくなってきました!


ガラガラだった浜にも徐々に人が増えてきましたが、皆さん全く釣れてる様子がありません

ルアーからワームにチェンジして、しばらくたってから「ガツッン!」
念願のアタリが
しかし、その2秒後「フッ」とテンションがなくなりました
「ガーーーーン
「バレたー

その後も諦めずに、ワームで粘るも無反応

ならばと、普段サーフでは余り使っていない
バイブレーションにチェンジしますが無反応。
大分飽きてきたんで、適当に早巻きしてたら「ガツーーーン

今度はしっかりフッキングしてバレる気配もありません。
途中で横に走り「グッ」と重くなり白い腹もチラリと見えました!
慎重に浜にずり上げたらこいつでした


25㎝位の大物です
「嬉しくねー

その後も、多少粘りましたが時間がきてタイムアップ

久しぶりのサーフは完敗でした。



その後用事を済ませて登山靴を見に!

釣具屋もテンション上がるけど登山具の店は、さらにテンションが上がりますね♪
欲しいものが一杯
徐々に買えたらいいですねー

で、何足か試し履きして、この日は買わずに終了。
値段と履き心地等考えて決めたいと思いまーす!


ブログランキング参加中
にほんブログ村 アウトドアブログへ←ポチっとお願いします。





2014.05.19 / Top↑
前回の東河内歩きで、判ったことや、改良するところ、余りお金は掛けたくないんで、節約しながら良くしていきましょー

先ずは、マットなんですが、今回は銀のロールマットを買っていました。確かに、かさばる、痛い。
という事をネットでも多く見ましたが、
「とりあえず」的な感じで、購入しました。
今回テントを張ったのは、川の横の少し平らになった所、細かいガレがたくさんある感じ?的な場所だったけど、
全然大丈夫だったんで、不備が出るまでは、これで行こうかと
ただ、かさ張りは邪魔なんで長さを120㎝程にカットして、余りで30㎝四方の座布団を作りました。


この方法も、皆さんやられているようで、今回行く前から知ってたんですけど、やっぱり自分で体験してからの方が間違いないですからね

後はコンロですね。今回は店で使っているミニコンロを、持って行ったんですが、いくら「ミニ」でも登山用ではないので、重いし、かさばる。
ということで、コンロは買うことに。
専用のボンベの物ではなく普通のボンベで使えて、コンパクトで安い物を探したら、有りました
イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3 [HTRC 2.1]

これ、いいです!
コンパクトで火力も強い!

ハードケースにしまうと、カチャカチャうるさいですが、持って行くときは、裸にタオルでも巻いて行けば問題ないですね


右側が今回持って行った「ミニコンロ」
左が今回買ったコンロ。

写真は折り畳んだ状態です。
「ちっさーい!」

ウ~ンやっぱり荷物をコンパクトにするためには、それ用の物を買う必要ってありますねー

後は登山靴。
これは、お店に行ってしっかり選んで来たいと思いまーす!


ブログランキング参加中
にほんブログ村 アウトドアブログへ←ポチっとお願いします。




2014.05.15 / Top↑


今まで釣りやキノコ採りなんかで車中泊は、良くしてたけど、テントを張っての泊は一人では初めて
ワクワクしますね。

実は今回の深山歩き&登山は来月に予定している聖岳登山の為の自分自身の体力や装備品などのチェックのためでもあります。

まー春の高山で岩魚釣りや山菜採りながらゆっくり呑んでゆっくり眠る。
本当は、こっちがやりたいだけですけどね♪

話を戻して、装備品のチェックですが今回ほぼ全て新しく買った物で、
しかも節約家(ケチなだけ?)の自分は安いものに目がいってしまいます。
これから先のことを考えても冬場にテント泊することは無いんで、そうなるとテントは、、簡単、安い。
と言うことで キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) リベロツーリングテント[2人用] M-3119
をチョイスしました。

他の物との比較が出来ませんが、秋迄のシーズンでしたら何の問題もないでしょうね。

ただ、3㎏の重量は登山には無駄な重さですね。多分1,5㎏程の物だったら、よりコンパクトでしょうね。

まー、これから先、登る回数が多いようだったら考えたいですね。

後やっぱりシュラフですかね。シュラフは Snugpak(スナグパック) ナビゲーター【日本限定モデル】 ライム/オリーブ [最低使用温度-7度]
をチョイス。
こっちは自宅で何回か使用してたので何の問題もありませんでした。

10℃位でしたらロンT+フリースで快適ですね♪
ただ明け方7℃位まで下がったときは寒かったです。
自分なりの感想ですが初心者の僕にはちょうどいいと思います。

ただ、こちらもダウンでは無いので重量と、かさばりがありますが、
そこまで気にするほどではなかったですね。

実際テントとシュラフ良い物で揃えたら6万ぐらいは、するだろうし
まずは、手頃なところから始めて登山にはまっていってたら、買い替えでもいいかな?
って思います。(安物買いの銭失い。的な感じもしますが

さてさて、ここからは登山ルポと言うこで

今回は南アルプスの麓?畑薙ダムの右側になる、東河内に行って来ました。
初日は、山菜採りや釣りを楽しみ、
次の日、ムタケ山をピストン予定!(余裕があったら青薙山まで)
荷物は、練習のためテントに置かずに全て担いで登る予定!

果たして僕の体力は持つのでしょうか?
(後にとんでもないことにになります。)


ゲート前に車を止めて、今日のテント予定地まで約1時間半ほどの歩きです。
ずっと林道なので歩くのも楽チンです

そうそう、今までは、山菜採りやキノコ採りなんかで、山に入ることが多く荷物もたいして無かったし、道なき道を歩いてたんでストックなんか必要無かったんですが、
15㎏以上の荷物を担いで1日9時間歩くことを考えたらストックは、必要かな?
と思い一応買っときました。

これも機能性と値段を考えて DABADA 軽量アルミ製 トレッキングステッキ トレッキングポール 2本セット ストック ブラック&レッド アンチショック機能付(アルミレッド)
を買いました。
今まで疲れてきた時は木の枝なんかで代用してたんで、大分楽ですね。

カーボン製の方が軽いんですが、まー気にならない程度でしたね♪

後はザックですね。
節約家の僕ですが唯一ザックだけは背負いやすい、しっかりした物を第一に考えて選んだ一品が
OSPREY(オスプレー) イーサー 70 アロヨレッド L OS50074
です。今まで安物しか背負った事がなかったので衝撃でした!
「こんなにフィットしてこんなに軽いものなのか!」(軽く感じる。の方が正しいですね)

人気があるのも当然かと納得しました

それでは話を戻して

車止めから順調に歩き出したんですが、


歩き出して1時間位してから左の腿の付け根、股関節の当たりが微かに痛み出しました!
途中でザックの調節を変えたりしましたが痛みは収まりません

途中、雪も残ってました


途中にあった地図です。
見辛いかも知れませんが、とりあえず



それでも1時間半ほどでムタケ沢出会いまでやって来ました。

今日はここでテント泊の予定なんで、沢沿いにテントを建てました。


時間はまだ10時。
これから釣りして山菜をとる予定。


本当に綺麗な川です。南アルプスの天然水ですね。

しかし… 魚が居ないのか下手なのか全くダメ!
山菜も周りがガレ場っぽいところなんで、これまたさっぱり

まだ12時!「じゃー暇潰しにムタケ山迄の道でも見に行こう!」
水を片手に出発~!

この吊り橋、高さは無いけど下は岩だらけの沢、その上かなり揺れる


沢を渡ったところから筑波大学の林道?
のような所を上がっていきます。
正直もうちょっと歩きやすいかと思ってましたが、大分急な登り。
ほとんど獣道ですね。しかも
ガレの上に落ち葉が積もり滑り易いんです!
あと股関節も大分痛くなってきました。
上は全く展望が効きませんが、
周りの山との関係を見ると半分位まで登って来たんでしょうか?
木々の隙間を縫って隣の山の雪渓が見えます。


しかし、股関節の痛みがかなり増してます
登り初めて約2時間、足を上げるのもかなり辛い状態になってきたので、ここまでで下ることに。

せめてGPSをポッケに入れてれば、「もう少しだから頑張ろう。」位思ったかもですが、これ以上足に負担掛けたくないですから、無くて良かったかもですね。
(プラス思考で!)
途中倒れかけて、ほぼ水平の木も有りました。結構な大木でした。(でも生きてるんですよ!)



しかし足の方は思っていた以上に調子が悪くテントに付く頃には、まともに歩けませんでした

この状態では明日、リュックを担いで登るのは無理!
デポして行ったとしても微妙。

まー明日の調子次第ですが、痛みが無ければ空身で、痛みが在れば中止。
ということにしました。

大分反省するべきことなんですが、山を舐めてました
普段ろくに運動もしてないのに16㎏程の荷物担いで歩けば、痛くなって当然かと
山を舐めてるとか、
それ以前の問題ですよね

後もうひとつは、靴です。富士山でキノコ採りで歩き回ったとき問題なかったから登山靴では無い安物の靴で来てしまったことです。

本当にバカでした。
登山家の皆様に「山を舐めるな!」と言われてもしょうがないですね

でも、これも状態チェック、訓練ですから、判って良かったことです。(やっぱりボジティブに)

ってことで、かなり遅めの昼食に!

やってみたかった山素麺!


お腹も空いてたから最高に美味い

で、このまま飲み出して、いつの間にか夕食へ


メインは豚しゃぶです
これまた美味い


ビール、焼酎、日本酒、結局全て飲んでしまいました。

冷してるときの写真です。
ペットボトルは、焼酎と日本酒です。


その後シュラフの中で今回の事、これからの事。考えました。「聖岳なんかまだまだ僕なんかが行っては行けない!」
って思いました。
まずは何より体力。
後は装備。

とりあえず聖岳を今後の目標として、来月は、上河内岳かちゃんとした青薙山の登山口から登る青薙山登山予定にしてみようかと思います。



翌朝、足の具合はどうかな?
しかし本当はもう寝てる時に結論がでていたんですよね寝返りを打つだけで激痛が走る状態です。
やっぱり無理はしたくないんで。
残念だけど諦めることに

テントを片付けて後は車まで戻るだけです。
マッサージやストレッチをやった成果か予想よりも足が痛みません。
一瞬「これなら行けたかも」なんて思いましたが、1時間ほどて痛みが激しくなって来ました。
行かなくて正解でした。

そういえば帰りにこんな感じにテープがグルグルに巻かれた木とかあったんですが何ですかねー?


こっちは紐が4本づつ巻かれてます。


何はともあれ歩くこと1時間半程で車まで戻って来ました。
これにて一段落。
後は事故らぬように帰るだけです。(まー1つ落とし穴があったんですが)

60号から東河内方面に向かう道。
緑のトンネルです。


ほとんどが紅葉なんですよね!
秋は真っ赤なトンネルになるんでしょうか?その頃また来ようかなーきっと綺麗でしょうねー
このまま朝来た60号から27号経由で帰ろうとしたら。途中で工事で通行止め大分引き返してから別の道で帰ることに。
でも、こっちの道の方が道幅広かったんです!次からはこっちから来よーっと

今回は登山的にはダメダメでしたが。装備品や自分の体力など判ったことが一杯有り、身になる山行でした。

これからも、山に海に楽しんでいきたいです

いつかは、登りたい南アルプスの山々



ブログランキング参加中
にほんブログ村 アウトドアブログへ←ポチっとお願いします






2014.05.12 / Top↑
今日はワラビの塩漬けを作ることに。
前回の筍に続いて塩漬けシリーズ第2段です。(筍の塩漬けの記事はミスにより消えてしまいました)

もうシーズン終盤なんで一面ワラビだらけです。
タラの芽も痛そうなトゲをしっかり纏っています。
シーズン初盤は荒らしたお茶の木の間など、ほふく前進しながら真っ赤な太いワラビ採ってましたが、今回は塩漬け用なんで質なんか関係なく採りまくりです
(ちなみに山に行くときカメラも携帯も忘れてしまったんで写真がありません。ここからあります。)

20分ほどで1㎏ほど採れました

後はこれに塩をまぶしていくだけです。
ネット等で調べてみたらこの時、頭を外すそうなんですがとりあえずそのまま漬けてみます。

全部塩をまぶし終えたら袋を閉じて、上から、軽く重石をして終了です。

この後取り出して本漬けする方法もあるようですが、めんどくさいんでこれでOKです。
ダメだったら来年頑張ります!

このまま冷暗所で保管しまーす。

隣は前回の筍の塩漬けです。


これで春の塩漬けシリーズは終了かな?
次は6月位に梅酒と梅干しですかなー

この後、畑仕事を少々。

里芋と生姜用に耕して、

ウネを作って

後は種芋と種生姜植えて終了。

ちなみに、これは春菊の花です。(白いのは大根です)
意外と綺麗ですね♪


さくらんぼなんかも実をつけ出しましたまー鳥さんのエサになって終わりですけどねー


最近釣りには行けてないけど自然に触れられてる毎日です。


来週は色々試しながら南アルプスの麓で
釣りや深山歩き、登山の予定です


ブログランキング参加中
にほんブログ村 アウトドアブログへ←ポチっとお願いします。






2014.05.03 / Top↑
まとめ