6月4日~7日

二軒小屋~伝付峠~農鳥小屋~塩見岳分岐~蝙蝠岳


【その2】

【その1】の続きです。

3時起床。

深い眠りは出来ず、浅いのを繰り返した感じ、、、


飯食べて、パッキングして、

20170610113435301.jpg


4時35分。

出発です


続きも見てね。

にほんブログ村 アウトドアブログへ⬅︎こちらも『ポチッ』と、応援よろしくです。
直ぐに奈良田越。

20170610113508359.jpg


コッチも幕営出来そう。

なんならコンクリートの基礎なんかも残ってるから

座ったり、飯作るのはコッチの方が良さそうです。


っで、ここから、ぐい~んと回り込んで進んで行く。


途中で御来光

20170610113537238.jpg


今日も暑くなりそうです


程よく急坂もあり身体慣らしには丁度よく、、、


5時30分。

白剥山。

20170610113609214.jpg


この次の小ピークを越た辺から雪が付き出してきた。

そして膝下くらいの踏み抜きが増え、、、

周りの木々も藪っぽくなり一気に疲れる

20170610113706781.jpg


そんな中、ちょっと抜けた所に出た。

20170610113737233.jpg

20170610113756624.jpg

荷物降ろして一服&水分補給。


実はココで大きなミスをしたんですがそれは後々。。。



っで、出発。

リボン追って行くと尾根横の窪地の登り。

雪がベッタリで歩きづらかったので

雪の無い方に逃げて登ってたらハイマツ帯にブッ込んだ

薄そうなとこ突破して行ったら急に道が良くなった

一般道にあたったみたい


そこから直ぐに頂上。

8時30分。

笹山南嶺。

20170610113824918.jpg

20170610113859411.jpg

いや~疲れた。。。


荷物降ろして一服、、、

っと思ったらタバコが無い


どこかで落としてきたのか?

可能性としては、、、

ハイマツの入り口で派手にコケた時か、、、


しょうがない見てくるか、、、


っで、この時にハイマツ帯を通らない正規ルートが解った

それを使って降りたら雪の付いた窪地の登りの上に出た!
(しかも楽だし早い)


「さっき横に逃げたとこだ、、、真っ直ぐ登ってれば良かった。。。


直ぐにコケた場所だったけどタバコは無し

周辺探すも無し。。。


諦めて笹山まで戻る。

そして思った。

「ヒップベルトしてるんだから行動中に落ちるなんてありえない。」

ってことは、さっき休んだとこに落としてきたって事。。。


時間的にも精神的にも、もう見に行けなく先を急ぐ事に


1時間程ロスしただろうか、、、

9時35分。

笹山北嶺。

20170610114255600.jpg


ここからまた林の中に潜る。。

雪の量も、踏み抜きも増える

20170610114316613.jpg

20170610114343658.jpg


森林限界超える辺りから雪がなくなる。

疲れもあるけど歩きやすくなり気分は上々

10時55分。

白河内岳。

20170610114434889.jpg

20170610114505435.jpg


軽く水分補給して出発。

ココから大籠山までは気持ちの良い稜線歩き

スイスイ歩けて、

11時30分。

大籠山。

20170610114610917.jpg


写真だけ撮って先に進む。


ココの登りで体力的に辛くなってくる。。。


13時5分。

広河内岳。

20170610115106150.jpg

20170610115147331.jpg


エネルギー補給して休憩

10分ほど休んで出発。



13時40分。

大門沢下降点。

20170610115232134.jpg



ココから農鳥岳までは基本ずっと登り。。。

体力的に限界が近いから、ボヤキが止まらない


さらに雪付きの斜面が増えきて滑らんようにするために

足への負担が増える

20170610115247487.jpg

20170610115354053.jpg


14時50分。

農鳥岳。

20170610115423492.jpg

ここら辺からガスってきた。

風も冷たく、疲れもMAXで、テンションも下がりまくり


西農鳥までのトラバース道。

ボーっとしながら歩いてたら、、


荷物がくくり付けてある!

20170610115823140.jpg


怪我かなんかでヘリで吊られて荷物置いて行ったのか?


疲れてボーっとしてた自分に気合い入れ直す

一歩一歩シッカリ歩いて、、、

15時43分。

西農鳥岳。

20170610115937098.jpg


塩見方面は晴れてるけど、、

20170610115901388.jpg


間ノ方面は真っ白。

20170610115956266.jpg


そしてトラバース道を見て愕然とする。。。

20170610132220496.jpg

20170610132255823.jpg


予想以上に雪が付いている。。。

南側の斜面だしもう少し解けてるかと思ってた、、、


せめてスノースパイクでも持ってきてれば、、、

軽アイゼンしか持ってきてない。。。



最初の方は軽アイゼンで大丈夫だけど

途中から斜度がエグい、、、

おそらく無理。。。

まー無理なら、そこから上に向かって稜線に出れば良いか、、、





それとも、いっそ間ノ岳経由で行くか、、、


でも、こっちも途中雪付きの斜面あるし

ルートもハッキリ判らない


さらに間ノ岳~三峰岳の間に付いてる雪も微妙。。

もしリッジになってたらOUTだしな、、、

てか、ガスで何も見えなくなってきたし。。。



ま~全ては明日の朝だな、、、


不安にかられながら

4時50分。
(オヤジが居たら怒鳴られてますな

農鳥小屋。

20170610120143939.jpg


追い討ちをかけるかのごとく

風も強くなり霙が降りだしてきた、、、


何とか風受けを最小限にできそうなとこに幕営。

20170610120206859.jpg


この状態じゃー水場はおそらくペケだろうから

雪を溶かして水作り。


そんなんしてたら気分がドンドン落ちていき、

山にいて初めて

『早く降りたい』『助けて』『死ぬのか』

なんてネガティブな事ばかり考えてしまう。。。



暖かい鍋食べて酒飲んで少し復活




さて、全ては明日だ



【その3】へ続く。


にほんブログ村 アウトドアブログへ⬅︎こちらも『ポチッ』と、応援よろしくです。


2017.06.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ukyo06.blog.fc2.com/tb.php/231-d3e63965
まとめ