4月26日、27日
南アルプス渓泊

【その2】

そう言えば今月でこのブログも1年を迎えることができました。
皆様の応援のおかけです

これからも山に海に自然を満喫していきたいと思います。

応援よろしくお願いします

20150428112840961.jpg


それでは、【その1】の続きです。

前日はお酒も無くなり9時過ぎにはシュラフに潜り込みました

夜中1回目が覚めたので、焚き木を追加しスープを飲んでもうひと眠り

時間は6時40分。眠い目をこすりながらテントから這い出ました


続きもみてね

にほんブログ村 アウトドアブログへ←こちらも応援よろしくです

冷たい沢水で顔を洗って「スッキリ

朝食はスープとホットサンド
普段パンは余り食べないんですが、何かやってみたかったんですよね~

でも・・・コーヒーは忘れる

20150428111757714.jpg


ゆっくり片付けして、7時50分出発です。

林道まで戻ってサブバックに切り替えて、二軒小屋目指しましょう


ここから先、椹島までは前回の笊ヶ岳登山の時に経験済み。

今回は前回とは違う写真をメインに載っけていきたいと思います

大吊り橋と畑薙橋の間くらいに、青薙山の登山口があります。

20150428111737465.jpg

ずっと登ろうとしてまだ登ってない

青薙山まではともかく赤崩れを上から見てみたいんですよね〜


下から見た赤崩れはこんな感じ。

20150428114011893.jpg

上から見たら怖いでしょうね〜



ここから先は林道もアップダウンが激しくなります

ギアがあっても登りは辛い
降りて押していると山菜がチラホラ。

山独活に

20150428111920269.jpg

ウルイ。

20150428111904514.jpg

そして、コゴミ。

20150428111848350.jpg

他にもタラの芽など疲れを紛らわすにはちょうど良いですね

僕は結果的に、山独活とコシアブラを少々いただきました

20150428113430660.jpg


しばらく進むと中ノ宿の吊橋。

20150428112703937.jpg

ここは笊ヶ岳の登山口なんですが崩落が激しく現在は通行困難な様子。
今年バージョンの『山と高原地図』からは登山道では無くなってました


雪解けと先週の雨もあってか、林道には至る所から水が流れ落ちています
水には困りませんし、冷たくて気持ちが良い

20150428113457000.jpg

正に滝のよう



赤石ダムの手前で今までずっと隣を流れていた大井川と暫しの別れになります。

そして赤石ダム

20150428112932341.jpg

赤石岳の門番みたい

20150428113034755.jpg

コバルトブルーな湖面です


しばらく進むと聖沢登山口。

20150428112959144.jpg

今年はここから聖岳に登る予定


ここから少しの間、平坦な道になります。
でも隣を流れる赤石沢川は激流です

20150428113056243.jpg

少し進むと、赤石沢川に発電か何かで使われたのかすごい量の水が
放水されてる

世界3大爆布のイグアスの滝みたい
「これは滝では無い、水の爆発だー」って誰かが言ってた

20150428113147527.jpg



ここから先は赤石沢川もすごく穏やか

川に降りて沢を登って行くと百間洞山の家の下まで行けるらしいです。
夏に一回やってみたいですね

20150428113211227.jpg

ここはチョット広くなっていて、椹島ロッジへも降り口もあります。
また、ここから滝見橋まではずっと下り。


途中で赤石岳の登山口があるんですが写真取り忘れたみたい

坂を下って滝見橋までくると、そこが千枚岳方面の登山口
木などが切られて川沿いのルートもスッキリしていました。

20150428113234672.jpg

次回ここに降りてくるか、二軒小屋に降りるか迷い中

登山道を「つなげたい」って考えると二軒小屋に降りたいんですが、
林道歩きはなって思いが・・・

そんな時に工事関係者?のおっちゃんがいたので話を聞いてみると

「二軒小屋までは急ではないけどほとんど登り」
「自転車で2時間近くは、かかるんじゃないかな〜」

とのこと

途中に土砂崩れもあるらしいので、本日はここまで

登山道の事も聞いたら

「二軒小屋に降りて林道下った方が楽」
「千枚岳ルートは結構崩壊があるのでは?」

とのことっだたので、僕の聖、赤石、荒川登山の予定は

「自転車を赤石沢川の看板のところにデポして、聖沢から入山。
二軒小屋に降りてひたすら林道を下り、最後に登って自転車到着

って言う感じにしてみようかと

ちなみに、ここの滝見橋からまた大井川沿歩きになります。

笊ヶ岳登山口周りも木が切られてスッキリしていました。

20150428113259239.jpg


さてさて、それでは引き返しましょう

一気に下って途中で重いリュックに切り替えて1時前ゲート到着


いつものように、白樺荘で疲れとヨゴレを落として今回の山行終了です


今回はマウンテンバイクでしたが、ハンドルの高さや、椅子、ギア等
セッティングをしっかりしないと意味がないとわかりました

安物ですけど、そのポテンシャルを引き出さないと


おしまい。


ブログランキング参加中。
にほんブログ村 アウトドアブログへ←ポッチっとお願いします。




2015.04.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ukyo06.blog.fc2.com/tb.php/73-bb31d0b0
まとめ